国際日本学部と国際交流基金アジアセンターが”日本語パートナーズ”派遣事業に関する協定を結びました

2015年08月18日
明治大学 中野教務事務室

 

 国際日本学部は、国際交流基金アジアセンターと”日本語パートナーズ”派遣事業大学推薦プログラムの協定を結びました。
 ”日本語パートナーズ”派遣事業とは、国際交流基金アジアセンターで実施しているプログラムで、派遣事業参加者は、ASEAN諸国の主として中等教育機関に派遣され、現地日本語教師と学習者の日本語学習のパートナーとして、授業のアシスタントや会話の相手役といった活動をするとともに、教室内外での日本語・日本文化紹介活動等を行い、ASEAN諸国の日本語教育を支援します。
 従来“日本語パートナーズ”派遣事業は広く一般公募されますが、国際日本学部と国際交流基金アジアセンターが協定を結んだことで、本学部学内選考及び基金の選考を経て参加者の一部を決定することとなります。
 派遣事業プログラム参加者には、日本語教育を通じて日本とASEAN諸国の架け橋となることが期待されます。
国際交流基金アジアセンター”日本語パートナーズ”派遣事業の詳しい概要についてはこちら

 

「国際日本学部 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.