国際日本学部山脇ゼミが中野区の外国人の家探しを応援するウェブサイトを立ち上げました

2017年02月08日
明治大学 中野教務事務室

2015年度の活動を通じて、外国人住民の多くが日本での家探しに苦労し、多文化共生社会の構築における居住問題の重要性を認識した山脇ゼミの現4年生は、2016年度、中野区の不動産会社や外国人住民へのインタビューを重ね、外国人の居住問題について調査しました。

昨年9月27日には、中野キャンパスで中野区の不動産会社と外国人住民の意見交換会(www.meiji.ac.jp/nippon/info/2016/6t5h7p00000m2zoo.html)も実施しました。

こうした活動を通じて、多くの賃貸住宅で外国人が歓迎されていない実態を知りました。

今回制作したウェブサイト"Living Together in Nakano"は、これらの活動を通じて浮かび上がった課題を解消すべく、中野区観光協会、中野区国際交流協会、中野区の不動産会社や外国人向け賃貸住宅保証会社である(株)グローバルトラストネットワークスの協力を得て、2017年2月1日に完成したものです。

このサイトでは、中野区の外国人歓迎の不動産会社を紹介するほか、日本の賃貸住宅制度や生活習慣、そして海外の生活習慣なども紹介していて、日本人と外国人の相互理解を深め、双方にとって住みよい地域づくりを目指しています。

(国際日本学部4年 井原健一郎)

Livng Together in Nakano: yamawakiseminar.wixsite.com/mysite


「国際日本学部 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.