海外発信支援事業(海外発信支援委員会)

委員会設置の趣旨

 大学において多様な研究を促進し,そこで創出された学術・研究成果を社会に還元することは,大学の果たすべき重要な役割のひとつです。 とりわけ,グローバル化,情報化が著しく進展した現代社会において,最新の研究成果を世界に向けて発信することは,科学技術の発展を支える重要な役割といえます。
 海外発信支援委員会は,明治大学における学術・研究成果を海外に発信するための支援体制を構築することにより,本大学が国際社会の発展に寄与することでその影響力を高め,さらなる研究活動の活性化を図ることを目的として,2009年7月に設置されました。

事業案内

 海外発信支援委員会では,本学の優れた学術成果を世界に向けて外国語で発信する機会を増やすため,以下の支援事業を実施しています。また本学の長い歴史と伝統の中で蓄積された膨大な学術成果の中から,特に優れ,普遍的な価値を有するものを発掘し,世界に発信していきます。


現在、以下の事業について募集を行っております。
(募集要項の詳細については各ページ内でご確認ください。)

種別 対象言語 審査の有無
助成上限額/1論文
(予算状況により変更となる可能性があります)
助成内容
外国語校閲 すべての
外国語
 無  7万円/1論文
*一人あたり
2論文まで

著者自身が外国語で執筆した論文の校閲料の助成。

投稿料・
掲載料
すべての
外国語
 無  13万円/1論文
*一人あたり
2論文まで
投稿料,掲載料及びオープンアクセス料の助成。

事業成果

■ 2015年度海外発信支援事業採択一覧
分野  件数 概要
募集 申請
外国語校閲  50 59 国際的学術雑誌等への投稿を予定している論文の校閲料助成
投稿・掲載  15 24 国際的学術誌への投稿料・掲載料助成

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.