明治大学国際武器移転史研究所研究叢書1:横井勝彦編『航空機産業と航空戦力の世界的転回』(日本経済評論社)が刊行されました

2016年12月19日
明治大学 研究・知財戦略機構

2015年に設立された明治大学国際武器移転史研究所は、軍縮・軍備管理に関する総合的歴史研究と「現代」の政策論議とを接合させ、従来の閉ざされた研究組織では達成されなかった学際的・国際的研究を通じて、近現代の軍縮・軍備管理という世界的課題に取り組むことを目的としています。

このたび、本研究所の研究叢書1として、横井勝彦編『航空機産業と航空戦力の世界的転回』が日本経済評論社より刊行されました。

世界の航空産業史を軍民転用や武器移転・技術移転などとの関連から論じた我が国初の研究成果といえます。概要と目次は国際武器移転史研究所ウェブサイトでご覧いただけます。ぜひご覧ください。



『航空機産業と航空戦力の世界的転回』概要と目次はこちら
明治大学 国際武器移転史研究所 ホームページはこちら



「研究・知財戦略機構 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.