国際学術シンポジウム—現代中国のリベラリズム再考—を開催します

開催期間:2017年07月30日
明治大学 研究・知財戦略機構

これまで日本では、中国近現代(modern)の自由主義についての紹介はおこなわれてきてはいるものの、現代(contemporary)思想としては「新左派」を中心にしてのみ扱われるという顕著な傾向がありました。
この理由の一つとしては、現代中国におけるリベラリズムが、実際には社会民主主義から民主社会主義、さらにはリバタリアニズムまで視野に入れているにもかかわらず、現執行体制のイデオロギーに対して根源的に「批判的」であるため、これまで執行体制側による一方的評価である「反体制」として分類されがちであったことが挙げられます。
本シンポジウムでは、中国国内で活躍している代表的リベラリストとともに、さらにカナダからの中国研究者による関連テーマについての報告を交えつつ、現代中国の政治・社会思想としてのリベラリズムの全体像を模索します。

国際学術シンポジウム
————現代中国のリベラリズム再考————
明治大学現代中国研究所主催/明治大学国際連携機構後援

日時:7月30日(日)午前9時半から(事前予約不要、入場無料)
会場:明治大学駿河台校舎グローバルフロント 1階グローバルホール
司会:鈴木賢(明治大学法学部教授)
通訳:及川淳子(桜美林大学グローバル・コミュニケーション学群専任講師)
   徐行(東京大学東洋文化研究所助教)

9:00 開場
9:30 開会の挨拶:石井知章(明治大学商学部教授)
9:30~10:30 許紀霖(華東師範大学教授)
 テーマ:新東亜秩序の構想:欧州連合(EU)式の運命共同体
10:30~10:45 休憩
10:45~11:45 劉擎(華東師範大学教授)
 テーマ:中国リベラリズムをめぐる政治的論述の困難さに対する省察
11:45~12:00 コメント:水羽信男(広島大学教授)
12:00~12:30 質疑応答

昼休み

13:30~14:10 J. Fogel(Professor、York University)
 テーマ:天下主義の復興:中国の学術界は普遍的価値観を如何に見ているのか
14:10~14:50 T. Cheek(Professor、University of British Columbia)
 テーマ:現代中国の知的公共領域
14:50~15:00 休憩
15:00~15:40 D. Ownby(Professor、Université de Montréal)
 テーマ:中国の勃興とリベラリズム
15:40~16:00 コメントと問題提起:王前(東京大学グローバル・コミュニケーション研究センター特任准教授)
16:00~16:30 質疑応答

総括コメント
16:30~16:40 許紀霖
16:40~16:50 劉擎
16:50~17:30 全体にわたる質疑応答
17:30 閉会の挨拶(石井知章)

「研究・知財戦略機構 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.