国際ガスハイドレート会議で研究・知財戦略機構特任教授 松本良(ガスハイドレート研究クラスター代表)が「Lifetime Achievement Award」を受賞しました

2017年07月31日
明治大学 研究・知財戦略機構

研究・知財戦略機構特任教授 松本良(ガスハイドレート研究クラスター代表)が、第9回国際ガスハイドレート会議(6月25日~30日、アメリカ・コロラド州デンバー) において、「Lifetime Achievement Award(生涯功績賞)」を受賞しました。

この受賞は、松本特任教授の天然のガスハイドレートの産状・起源・環境インパクトや資源ポテンシャルに関する長年の研究と、海洋調査という現場での研究を通じて多くの研究者を育成し、日本とアジアのハイドレート研究のレベルを高めてきた功績が国際的に高く評価されたことを意味します。

詳細は ⇒ こちら(「ICGH9に参加しました。 [2017.07.04]」)

松本特任教授(左)と同時受賞した長年の研究仲間、カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所のMiriam Kastner名誉教授松本特任教授(左)と同時受賞した長年の研究仲間、カリフォルニア大学スクリップス海洋研究所のMiriam Kastner名誉教授

「研究・知財戦略機構 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.