講演会「グローバル立憲主義とアジア」を開催します

開催期間:2018年01月16日
明治大学 研究・知財戦略機構

21世紀は、テロリズム、格差拡大、止まぬ内戦、「自国第一主義」、自国の保護を受けられない人々(とくに難民)等、困難な課題に直面しています。人権、民主主義、法の支配、そして、立憲主義という概念はこれらに対応できるのでしょうか。「グローバル立憲主義」の主唱者の一人であるKumm教授をお招きして新しい視点や思考方法の可能性を追求します。

日時:2018年1月16日(火)15時20分~18時
場所:明治大学 駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.htm
司会:北村泰三(中央大学教授)
コメンテーター:
Fabian Duessel (アジア憲法裁判所連合RD事務局・韓国憲法裁判所)
須網隆夫(早稲田大学教授)
使用言語:英語(同時通訳付き)
※参加費無料(事前予約不要)

講演者:Prof. Mattias Kumm(NYU School of Law/WZB)
プロフィール:Mattias Kummニューヨーク大学ロースクール教授は、公法の現代的課題に対して「グローバル立憲主義」という視点から世界秩序を把握する精力的研究を行う同時に、ベルリンにおいてWZB社会科学研究センターのグローバル立憲主義センター長・フンボルト大学教授を兼務しグローバルに活躍しています。
 

問い合わせ先

明治大学グローバルフロント10階410L 江島晶子(明治大学教授・科研費基盤研究A研究代表)
E-mail:globalconstitutionalism@gmail.com

「研究・知財戦略機構 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.