[出版会]新刊3点が刊行されます

2018年03月27日
明治大学 出版会

2018年3~4月、明治大学出版会から新刊3点が刊行されます。

美の日本—「もののあはれ」から「かわいい」まで
伊藤氏貴著
四六判・上製・236ページ・本体2,300円+税
ISBN 978-4-906811-23-6
2018年3月刊行

1862年のロンドン万博から昨今の「クールジャパン」に至るまで、日本は海外の国々に対して、「日本的なるもの」を売りにしてきた。その内実にあたる日本的な「美」とはいったい何なのか。美意識をめぐる概念を審問に付す、戦略的文藝批評。




昭和浅草映画地図
中村実男著
四六判・上製・256ページ・本体2,500円+税
ISBN 978-4-906811-24-3
2018年3月刊行

一年中観光客でごったがえす浅草の観音様や参道の仲見世。だが, あなたはご存知だったろうか。かつて浅草が東京一の盛り場で、先端的な街だったことを。「風景の記憶装置」である「映画」からたどる街の変遷。




ゲームする人類—新しいゲーム学の射程
中沢新一×遠藤雅伸×中川大地著
B6判・仮フランス装・232ページ・本体2,000円+税
ISBN 978-4-906811-25-0
2018年4月刊行

文明の始まりにゲームがあった? 日本のゲームと世界のゲームはどう違う? 『アースダイバー』と『ポケモンGO』の共通点は?
人類史を見すえる思想家、天才ゲームクリエイター、気鋭のゲーム史家が、ゲームデザインのもつ可能性と日本ゲームの独自性について語りつくす!

「明治大学出版会 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.