岩手県盛岡市立厨川中学校の学習旅行班別自主研修を受け入れました

2014年04月18日
明治大学 震災復興支援センター

 震災復興支援センターは4月16日(水)、駿河台キャンパスにて岩手県盛岡市立厨川中学校の生徒6名の学習旅行班別自主研修を受け入れました。

 厨川中学校の学習旅行は、クラスごとにテーマを決めた班別自主研修を行っており、今回訪問のあった班のクラスは「真の復興へ向けて」をテーマとして、東日本大震災からの復興へ向けて東京で復興と向き合う会社や団体を訪問し、復興支援の取組の成果や課題等を学習しています。その中で、本学が取り組んでいる震災復興支援活動に興味を持っていただき、今回の訪問が実現しました。

 駿河台キャンパス内の会議室にて研修を行い、本学を代表して松橋副センタ—長(文学部教授)が、震災復興支援活動について説明をした後、生徒と活発に意見交換を行いました。

 その後は会議室からリバティタワーへ移動し、岸本辰雄ホールやスカイラウンジ暁(学食)等の施設を見学しました。

震災復興支援活動をまとめた映像を見る中学生震災復興支援活動をまとめた映像を見る中学生

最後の見学地スカイラウンジ暁最後の見学地スカイラウンジ暁

リバティタワー前で記念撮影リバティタワー前で記念撮影

「震災復興支援センター ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.