第3回写真展「私たちは忘れない—今、明大生にできること」学生による震災復興支援活動報告会を中野キャンパスで開催

2014年06月06日
明治大学 震災復興支援センター

ボランティア活動に関して積極的に質問をする参加者ボランティア活動に関して積極的に質問をする参加者

中野キャンパスでの写真展中野キャンパスでの写真展

 震災復興支援センターは6月3日(火)、中野キャンパスにて学生による震災復興支援活動報告会を開催しました。この報告会は、中野キャンパス正面入り口のアトリウムで開催中の第3回写真展「私たちは忘れない—今、明大生にできること」(6月3日(火)~6月15日(日))と連動した企画です。

◎学生による震災復興支援活動報告:『知ってみる、考えてみる@東北』
 商学部3年 中塚 啓史/国際日本学部2年 小野田 亮太
<内容>
 中塚さんと小野田さんは大学公認ボランティアサークルで活動をしており、東北での活動を初め、ボランティアツアーを企画するなどの様々な学生が東北に行くきっかけ作りや、東京での写真展開催や防災活動を通じての震災の風化防止など、「学生、東北、東京」を重点においた活動をしている旨報告がありました。
 これまでの活動を通して、「笑顔を作る活動をしたい」「自分の身の周りの人を大切にしたい」などそれぞれの目標を見つけたという話があり、実際に「行動してみる事の大切さ」について報告がありました。


 報告後には参加者から、東北に行く時間はあるがその方法が分からずまだ行動していない、震災から3年たって実際にどんなボランティア活動をしているのかなどの質問があり、活発な意見交換が行われました。

 今後、震災復興支援センターでは、6月18日(水)~6月30日(月)に生田キャンパスで写真展を開催します。また、6月19日(木)には学生による震災復興支援活動報告を開催いたしますので、皆様のご来場をお待ちしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【生田キャンパスでの写真展】
期間:6月18日(水)~ 6月30日(月)
場所:中央校舎1階入り口付近

【学生によるボランティア活動報告】
日 時:6月19日(木)18:00~
場 所:中央校舎6階メディアホール
報告者:理工学研究科新領域創造専攻2年 織田 真美さん/小林 大祐さん 
    『誰のための復興?-支援活動から見えた被災地の現実-』

「震災復興支援センター ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.