浦安文化会館でセルフケア講習会開催

2014年06月13日
明治大学 震災復興支援センター

 震災復興支援センターは6月7日(土)、本学と包括的連携に関する協定を締結している千葉県浦安市との共催で、浦安市文化会館において「セルフケア講習会」を開催いたしました。以下、講師を務めた文学部平山満紀准教授(専門:社会学、身体論)からの報告です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
 6月7日(土)午後1時~5時、浦安文化会館で、明治大学と浦安市が共催する、「セルフケア講習会」が開かれました。この講習会は、明治大学が震災復興の目的で被災地である浦安に開設した、浦安ボランティア活動拠点を会場に、2011年秋から平山を講師として定期的に開かれていたものが、今春同拠点が閉鎖になったため、会場と形を変えて行われることになったものです。
 この日のテーマは「身心の疲労の解消法」。野口整体にある、みぞおちをゆるめる呼吸法や、熟睡するための身心のリラックス法、現代では負担が増している肝臓の疲労の取り方などを実習しましたが、参加者はこの日6人で、和やかな雰囲気の中で、一人一人丁寧な実習ができました。参加者は、持病のある方や、子育て中の方が多く、感染症やアトピー、ぜんそくについてなど、熱心に質問も出されました。                          
(平山満紀記)
 

「震災復興支援センター ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.