福島県新地町の夏祭りに明大の学生・教職員ボランティアが参加

2015年08月04日
明治大学 震災復興支援センター

 8月1日(土)に福島県新地町で開催された、復興を祈念した地元商工会青年部主催の「第5回やるしかねぇべ祭り」に、本学の学生・教員・職員がボランティアとして、参加しました。
 
 快晴に恵まれた祭り当日は、体育会ローバースカウト部と文学部平山ゼミナールの学生が「ちびっこプール」、「エコステーション」、「商工会青年部の売店」、「パンフレット配布」、「BMXパーク」のブースを担当し、特に子どもとのふれあいを楽しんでいる様子でした。
 明大ブースでは、学生・教職員が一丸となり、「けん玉」、「チアダンス」、「シャボン玉」の体験コーナーを用意し、地元の大人から子どもまでたくさんの方に体験していただきました。

 祭りのライブステージでは、本学のOGが中心となった8人で、チアリーディングを披露。地元の方の熱い声援をいただきました。

ちびっこプールちびっこプール

エコステーションエコステーション

商工会青年部の売店商工会青年部の売店

BMXパークBMXパーク

明大ブース(けん玉体験コーナー)明大ブース(けん玉体験コーナー)

チアリーディングチアリーディング

「震災復興支援センター ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.