宮城県気仙沼市で「アクティブ・ウーマンズ・カレッジ」オープン講座開講

2018年08月23日
明治大学 震災復興支援センター

受講者へメッセージをおくる竹本センター長受講者へメッセージをおくる竹本センター長

老若男女多くの受講生が参加老若男女多くの受講生が参加

 震災復興支援センターが受託する気仙沼市の女性人材育成事業「アクティブ・ウーマンズ・カレッジ」が7月15日に開講した。昨年度に続き2度目の受託となる今回は、第1講を誰でも参加可能なオープン講座として実施。48名の受講者には、高校生や男性の姿も多く見られた。
 
 第1講には江島晶子法学部教授が登壇。「憲法って難しいものでしょうか?-22歳で起草に関わったベアテさんに聞いてみませんか-」をテーマに、法律家でないベアテ氏が起草に携わった憲法第24条を取り上げ、憲法の成り立ちや仕組みをわかりやすく解説した。講演前は、多くの受講者が憲法を難しく堅いものとして捉えていたが、講演後は自分たちの生活を守りより良くしてくれる身近なものとしてイメージが変わった様子だった。
 
 当日は菅原茂市長、本学から竹本田持震災復興支援センター長、鳥居高震災復興支援センター副センター長も出席。受講者に向け、自己実現や新しいことをはじめる第一歩として「アクティブ・ウーマン・カレッジ」を活用してほしいと本事業のねらいを話し,多くの人に関心をもってもらえるよう呼びかけた。
 
 なお、本講座は全7講で構成され、次回以降は市内の18歳から40歳代の女性を対象として開講。鳥居高商学部教授(講座コーディネータ)のほか、岸磨貴子国際日本学部准教授、大友純商学部教授(リバティアカデミー長)が登壇し、実践的な情報発信手法を学ぶ講座を実施する。

 

「震災等復興活動支援センター ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.