今年も福島県新地町の夏祭りに明大の学生・教職員ボランティアが参加

2016年08月22日
明治大学 震災復興支援センター

 8月6日(土)に福島県新地町で開催された「第6回やるしかねぇべ祭り」に、今年も本学の学生・教員・職員がボランティアとして参加しました。
 
 体育会ローバースカウト部と文学部平山ゼミナールの学生が、前日の準備と翌日の後片付けを含め、祭り当日は「MBXパーク」「魚つかみ取り」「似顔絵コーナー」「ちびっこプール」「商工会青年部出店ブース」「エコステーション」「入場者カウント及びパンフレット配布」など、様々なブースでボランティア活動を行いました。
 「明大ブース体験コーナー」では、学生を始め、教職員が一丸となって、「けん玉で“世界一周”」「チアに挑戦!」「フェイスペイント&バルーンアート」「ぶんぶんごまづくり」の体験コーナーを用意し、地元の大人から子どもまで、たくさんの方に楽しんでいただきました。
 ライブステージでは、本学OGを中心にしたチアリーディングチームのトパーズ(TOPPERS)がパフォーマンスをし、会場を大いに盛り上げました。

 8月7日(日)、8日(月)には、体育会ローバースカウト部が地元の子どもを対象にデイキャンプを実施、計71人の小学生が参加してくれました。
 ※9月10日(土)には宮城県気仙沼市においても、気仙沼市在住の小学生を対象にデイキャンプを開催いたします。

チアリーディング ライブステージチアリーディング ライブステージ

ステージを盛り上げる学生ステージを盛り上げる学生

明大ブース体験コーナー「けん玉で”世界一周“」明大ブース体験コーナー「けん玉で”世界一周“」

明大ブース体験コーナー「フェイスペイント&バルーンアート」明大ブース体験コーナー「フェイスペイント&バルーンアート」

明大ブース体験コーナー「ぶんぶんごまづくり」明大ブース体験コーナー「ぶんぶんごまづくり」

明大ブース体験コーナー「チアに挑戦!」明大ブース体験コーナー「チアに挑戦!」

「震災復興支援センター ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.