体育会ローバースカウト部が宮城県気仙沼市でデイキャンプを開催

2016年10月04日
明治大学 震災復興支援センター

流しうどんの様子流しうどんの様子

水鉄砲で遊ぶ子どもたち水鉄砲で遊ぶ子どもたち

立ちかまどを作る保護者の方々立ちかまどを作る保護者の方々

 体育会ローバースカウト部が、9月10日(土)に、宮城県気仙沼市で子どもを対象にしたデイキャンプを実施しました。そのことについて参加した学生から、寄稿がありましたのでご紹介いたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私たち体育会ローバースカウト部では、9月10日に気仙沼市の御崎野営場でデイキャンプを行いました。参加者は、児童16名と、今回初めて募集した保護者4名の、計20名でした。
 子どもたちを対象に、自分たちで粉から作るうどん作りや竹の食器、箸づくりそして流しうどんとスイカ割り、竹水鉄砲づくりを行った他、今年は初の試みとして保護者の方を対象にした、たちかまどづくりや、それを利用して調理をしてもらうといったプログラム展開を行いました。
 当日は子どもたちも保護者の方も、お互いに知らない人という事で初めは緊張気味でしたが、最終的に楽しんでプログラムに参加してもらえたので良かったです。
 特に子どもたちは流しうどんが楽しかったようで、うどんが流れるたびに歓声があがっていたのが印象的でした。
 こうして楽しんでもらえていること、また次に活かすべき反省が多くあることから、来年以降もこの活動を継続していけたらと思います。
文学部史学地理学科 3年 
茂木 茉侑子

「震災復興支援センター ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.