概要

 明治大学では、2012年1月30日に東北再生支援プラットフォームを設置しました。

 プラットフォームは、明治大学が震災復興協定を締結した自治体への支援と協働を通じた地域の再生と発展に貢献していくための仕組みで、自治体や住民の方のニーズと大学のもつ様々なリソースやシーズをつないで、具体的な支援や活動を行っていく役割を担っていました。
 また、復興に関わる業務の円滑な実施を支援する目的で、2016年3月31日まで、明治大学駿河台キャンパスに事務局を兼ねた東京ワーク・ステーションを置いていました。このワーク・ステーションは、協定を締結した自治体の関係者の、東京での活動をサポートしました。

OUTLINE

Meiji University found Support Platform for Revitalization Tohoku on January 30, 2012.

The platform was an organization to dedicate to restoration and expansion through supports and collaboration for the local governments that have contracted Earthquake Reconstruction Agreement with Meiji University. It led more practical support activity connecting with the needs from the local governments and the resident and Meiji’s various resources and seeds.

The platform had established Tokyo Workstation in the office at Meiji University Surugadai Campus to support facilitating reconstruction to smoothly operate reconstruction activities until March 31, 2016. The workstation was open for the relevant people in local governments that had contracted with the university to support their activities in Tokyo.

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.