研究所研究費採択課題詳細 2006年度

生産性向上のための養豚農場における繁殖成績・繁殖障害分析と授乳豚の行動調査

研究課題名 生産性向上のための養豚農場における繁殖成績・繁殖障害分析と授乳豚の行動調査
研究所名 科学技術研究所
研究種別 重点研究
研究概要 (本年度の研究実施計画)
<生産データ共有化のための呼びかけ>
データ共有プログラムとして,全国の農場に生産記録の提供を毎年,依頼している。
現在,同一生産ソフト(ピッグチャンプ,米国ミネソタ大)を使用している120農場からの生産データが収集できている。さらに多くの生産者の参加を呼びかける必要がある。

<生産データの分析>
重要生産指標とくに繁殖成績・繁殖障害についての疫学的研究を開始する。重点研究項目は,哺乳豚事故率,雌豚事故率と淘汰率,種付け後再発情豚の記述疫学とリスク因子である。個々の農場の生産データを集積してデータベースを構築し,疫学手法で分析する。

<生産データの代表農場での行動観察,唾液の収集と検査>
データ共有農場から協力農場を選択し,数字の裏付けと現場での繁殖障害豚の観察を行う。唾液中ステロイドホルモンをELIZA法で測定する。
研究者 所属 氏名
  農学部 教授 纐纈雄三
研究期間 2004.4~2007.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.