科学研究費採択課題詳細 2006年度

サイバネティックスの哲学的再検討

研究課題名 サイバネティックスの哲学的再検討
研究種目等 基盤研究 (C)
研究概要 (研究実施計画)
 平成18年度中には,以下の両課題に取り組む。

A.第一次サイバネティックス(ウィーナー・アシュビー)を中心に,歴史的背景を踏まえた上での理論的意図および意義の考察,またその理論的核心の抽出に取り組む。
(1)…ウィーナーについてはCollected Works Vol.1~4を中心に関連文献を蒐集,アシュビーについてはDesign for a brain:The origin of adaptive behavior,Introduction to Cybernetics,Mechanisms of Intelligence:Ashbys Writings on Cyberneticsの三著を中心に関連文献を蒐集する。
(2)…文献の蒐集と並行しながら,解読を進める。遅くとも7月には蒐集作業を終え,解読作業に注力する。ウィーナー・アシュビー関連の著作だけでなくサイバネティックス全般に関する文献のサーベイも行う。

B.情報社会の知のパラダイムの最終的な定式化の作業自体は平成20年度の研究課題とするが,第一次サイバネティックスの研究と並行しつつ,18年度より文献の解読作業を中心とした定式化のための準備作業を開始する。Aの作業と並行的に少しずつ情報社会の知のパラダイム定式化の準備を進める。具体的にはこれまでのルーマン・社会システム論研究の成果を,サイバネティックスの観点から整理する。
研究者 所属 氏名
  情報コミュニケーション学部 助教授 大黒岳彦
補助金額(千円)
※直接経費のみ
1,500
研究期間 2006.4~2009.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.