科学研究費採択課題詳細 2006年度

古代ロシア文語萌芽期の最終期における言語特性について

研究課題名 古代ロシア文語萌芽期の最終期における言語特性について
研究種目等 基盤研究 (C)
研究概要 (研究実施計画)
 「ムスチスラフ福音書」の基礎的な文献学的作業および研究を行う。底本は1983年刊Жуковская校訂本を用いる。前半1-106を岩井が,後半107-213を服部がそれぞれ分担して担当する。各自分につき,カノン・テクストとの対照を行い,「ムスチスラフ福音書」の性格を見きわめる。服部は特に全体の動詞組織について,ひきつづき検討を行う。
 これと平行して,ひととおり電子化を行っていた「ムスチスラフ福音書」本文の校正に入りたい。「ムスチスラフ福音書」には従来のイーゴリ・フォントではカバーできない特別な文字があるから,新たな文字の作成が要求される。これらの手当はアルバイトや専門家の助力を得て,岩井の許で行いたい。校正作業が終了したら,語彙の総索引の作成を試みる。またできれば,逆引索引の作成も試みたい。この場合,プログラミングにおいて,専門家の助力をあおぐものとする。
 また「アルハンゲリスク福音書」索引の修正もひき続き行う。
 上記の研究上の作業を円滑に実施するために,岩井と服部は定期的に会合し(3ヶ月に1回程度),知見および意見の交換を行うものとしたい。
研究者 所属 氏名
  文学部 教授 岩井憲幸
補助金額(千円)
※直接経費のみ
1,000
研究期間 2006.4~2010.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.