科学研究費採択課題詳細 2006年度

唐宋期における模倣の問題

研究課題名 唐宋期における模倣の問題
研究種目等 若手研究 (B)
研究概要 (研究実施計画)
 中唐の皇甫湜や,北宋の石介など,古文家として「奇」という評価を受けていた人物およびその周辺の資料を精読する。また「狂」という表現をしばしば用いる白居易の詩文論,および北宋期の彼に対する評価について検討し,論文にまとめる。
 そのため必要な文献ならびに「四部叢刊」「中国歴代基本典籍庫」「全唐文」など,唐人,宋人の文集を網羅するデータベースを購入し,あわせてデータベースを潤滑に利用できるような設備環境を整える。
 またフランスの中国研究者で,書画論についての著作もあるFrancois Jullien氏とも意見交換をおこない,研究をすすめる上でのアドバイスを受ける。
研究者 所属 氏名
  文学部 講師 志野好伸
補助金額(千円)
※直接経費のみ
800
研究期間 2006.4~2008.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.