新領域創成型研究・若手研究詳細 2010年度

社会的企業としての農村女性起業の新展開とモデル構築に関する研究

研究課題名 社会的企業としての農村女性起業の新展開とモデル構築に関する研究
研究種目等 若手研究
研究概要 (研究目的)
農村女性起業が,従来のその目的とされた,女性自身の課題解決・自己実現だけではなく,地域の課題にも対応しようとし,地域貢献に根ざした活動,例えば,福祉を担う事例も見られるようになっている。
農村女性起業は,現在全国に1万件ほど存在し,全体の年間総売上は624億円と試算されているが,約6割が300万円未満の売上である。ただし,自らの収入を得るという意味でのビジネス性が保持されなければ,自己実現も難しいであろう。
そこで,農村女性起業が,ビジネス性をある程度確保しながら,地域貢献する事業体として,つまり,社会的企業として展開していくプロセスや成立条件を把握し,新しいモデルを構築することが本研究の目的である。これが可能となれば,農村経済や農村生活に与える影響は少なくない。
 
研究者 所属 氏名
  研究・知財戦略機構 ポスト・ドクター 澤野久美
研究期間 2010.7~2011.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.