新領域創成型研究・若手研究詳細 2011年度

Ab initio メタダイナミクス法による新規らせん分子構造反転反応経路の探索

研究課題名 Ab initio メタダイナミクス法による新規らせん分子構造反転反応経路の探索
研究種目等 若手研究
研究概要 (研究目的)
オルトフェニレン誘導体は,タイトならせん構造を形成しながらも溶液中で迅速ならせん反転を繰り返していることがわかっているが,その構造とコンフォメーション挙動についてマクロスコピックな見解にとどまっている.本研究では,密度汎関数法,及び分子動力学法(ab initioメタダイナミクス法)の理論的手法を用いて,らせん構造が生み出す動力学的性質を解明する。これを明らかにすることにより,様々な多体多電子系分子が織りなす反応経路の解明,反応を選択的に進行させることのできる可能性など,集合的分子を制御するための方法論の確立を目的としている。
研究者 所属 氏名
  理工学部 助教 村岡 梓
研究期間 2011
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.