新領域創成型研究・若手研究詳細 2011年度

日本版対ロ支援(ペアリング支援)に関する研究

研究課題名 日本版対ロ支援(ペアリング支援)に関する研究
研究種目等 若手研究
研究概要 (研究目的)
本研究の目的は,2011年3月11日に発生した東日本大震災における自治体間の連携体制や支援内容を調査・研究することにより,自治体間の復興支援体制や法制度等の整備・構築,すなわち「ペアリング支援」は如何にあるべきかを明らかにすることにある。ペアリング支援とは,中国の四川大地震の復興で大きな役割を果たした「対口支援」を参考にした自治体間の支援の仕組みのことであるが,まだ具体的な支援の枠組みや内容は整備されていない。そこで本研究では,ペアリング支援のあり方について,次の三つを明らかにすることを目標としている。①被災した自治体が被災していない自治体に求めている人的・物的支援需要の把握,②現体制下において支援側の自治体が支援できる供給内容の把握,③1と2における支援内容の需要と供給のギャップや障害の把握,である。この三つを明らかにすることにより,今回の震災や今後の震災の復興に資する,自治体間の復興支援の最適化を求める。
研究者 所属 氏名
  政治経済学部 助手 飯塚智規
研究期間 2011
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.