OB/OGからのメッセージ

毎日新聞大阪本社(社会部記者)  村上 正(2007年3月政治経済学部卒)

OB写真1

 マスコミに関する研究室が明治大学にあることを知り、受験し1年生から入室しました。本格的に記者を目指したのは大学2年の10月、新潟県中越地震(04年)のボランティアに参加したのがきっかけでした。私は神戸出身で小学4年の時に阪神大震災を経験しました。当時、多くのボランティアに支えられたことから、「少しでも役に立てれば」という思いでした。
 ボランティアセンターで登録、支援物資の整理や仮設住宅建設のため空き地の整備に携わりました。そこで自宅を失った一人暮らしの高齢女性と話す機会がありました。生まれ育った古里が壊滅し、今後の生活に不安を抱えている様子でした。少しずつ話をしてくれ、神戸での震災体験も伝えました。最後は「少し元気になれた。ありがとう」と言葉をかけてもらい、表情は少し明るくなったようにも見えました。
 家屋が倒壊し、厳しい寒さのなか避難生活を送る人たちと触れ合うなか、「被災者の思いを伝え、震災の教訓を伝えていきたい」と思うようになっていきました。
 大学生活では出来るだけ、色々な人に会い話を聞こうと過ごしました。研究室では機関誌を製作し、マスコミだけではなく様々な業種で働く先輩たちと会い、話を聞かせてもらいました。
 振り返ると、研究室での4年間は将来の目標を考える重要な場所でした。入室したから、みんながマスコミ志望というわけではありません。就職活動では他業種を志望する室員もいます。それは、自分自身で「何がやりたいのか」を突き詰めた結果でした。仲間と語り合い、とことん自分の実現したいことを考えられるのは貴重でした。
 他にも研究室ではマスコミ業界の一線で活躍する人たちによる講義があります。「名刺1枚で、誰とでも会うことができる」と語る新聞記者の話に惹かれました。
 毎日新聞入社後は主に警察を担当しています。東日本大震災では、4回に渡り被災地を取材しました。丸1年を迎えた3月11日。宮城県気仙沼市の追悼行事に参加した人たちは共通の懸念を抱いていました。「これから震災が風化していくのではないか」と。不安定な生活は続くも二度とこのような悲劇を繰り返すまいと、「語り継ぎたい」という多くの被災者の話に心が突き動かされました。命が奪われることの重みを伝えるのは新聞の役割です。たくさんの人に会って話を聞きたい。学生時代に記者を志した当時の思いは自分の大切な初心となっています。
 

NHK大津放送局(放送記者) 橋本佳名美(2010年3月法学部卒)

OB写真2

机に一葉の写真がある。初夏のニューヨークで撮って貰ったこの写真は、白いセーターの袖を軽くまくり、重いカバンを肩にした4年前の私。この時、私は約1年の交換留学を終え、通信社のNY支局でインターンをしていた。チャイナタウンに住み、地下鉄で1時間半かけてミッドタウンの支局まで通っていた。その時々、大都会NYに潜む貧富の差や犯罪を垣間見た。  
 社会的立場の弱い人達の声を伝える記者の仕事に憧れ、大学1年の時に入った基礎マスコミ研究室だったが、なかなか馴染めずにいた。1年の終わりの春、合宿係になって仲間ができた。お互いの夢を真剣に語りあえる場所となったが、個性的なマス研の人達と比べて中途半端な自分の存在に、不安とコンプレックスを感じていた。それを打開したくて、かねてから興味のあった留学を決めた。
 孤独な留学を支えてくれたのは、マス研の仲間だった。就職活動中の同期は、その状況を逐一メールしてくれたし、時事問題の参考書を送ってくれたりもした。そのおかげで、“なぜ留学したのか”と、常に自分自身に問いながら、就職への意識を高く保つことができた。記者の仕事を知りたいと、通信社にインターンのお願いにも行った。
 4年生の6月末に帰国した私は、秋採用までに時間がなかった。焦る私を助けてくれたのも、マス研だった。講師の先生方には、ESや作文の書き方をほぼ毎日指導してもらった。さまざまな分野で活躍する先輩たちが、就活のアドバイスをしてくれた。そして、同期の仲間は面接の練習にずっと付き合ってくれた。内定を貰った時には一緒に泣いて喜んでくれた。
 現在、私は警察・司法担当として事件事故の現場に駆け付ける日々を送っている。時には、自分でビデオカメラを回しながら取材をする。目の前の真実をそのまま伝えることができる映像メディアの強みを感じる。取材を通して、社会で苦しんでいる人たちと出会う。彼らの話に耳を傾け、ニュースとして世の中に伝える。取材先への夜討ち朝駆けや寒空の下での地取りをあまり辛いと思わないのは、マス研で学んでいたから。それでも、足踏みしてしまう時は、机上にある、まだ何者でもなかったけれど、「何かしたい」と思いだけは溢れていたNYの写真を見る。今の私があるのは、マス研があったから。そして、一途に記者になると決めた時の気持を忘れてはいけない。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.