留学促進プログラム

構想概要

今後、アジア太平洋地域そしてアフリカ地域を中心として、経済・社会のグローバル化が一層深化し、国境を超えた経済・社会・文化活動が急速に展開することが予想されます。その一方で、平和・環境・人権・災害などの課題もまたグローバル化・複雑化し、既存の専門分野を超えた取り組みが必要となってきます。

明治大学政治経済学部では、これからのグローバル社会に対応するため、強い「個」と高いコミュニケーション能力を有し、他者・多文化への洞察力を備え、それぞれの専門領域において活躍できる人材を育成することを目的とし、先進的な取り組みを行っています。

これらの取り組みを通じて、政治経済学部は明治大学の国際化をさらに推進し、世界に貢献する「グローバル公共人材」育成の拠点となることを目指します。

なお、このプログラムは、2014年9月より、文部科学省スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援」のタイプB「グローバル化牽引型」に含まれることとなりました。


上記のようなグローバル人材像を踏まえ、政治経済学部へ入学した学生が卒業・修了時に修得すべき具体的能力は、次のようなものです。

  • 異文化に対する洞察力
    グローバル社会の中で個となる文化・背景を持った他者の理解力
  • 使命感と倫理観
    強い「個」を基調にしつつ「個」に閉じこもらず「個」をつなぐ力
  • 実践的な専門知識
    課題解決・現場志向の専門知識
  • 語学的・能動的コミュニケーション能力
    他者の意見を理解し自分の考えを効果的に伝える能力

これらの能力を養成するために用意されている教育プログラムについては、
以下の体系図やそれぞれの個別説明ページを確認してください。

政治経済学部 留学促進プログラム



上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.