政治経済学部

在学生向け

関連情報

トップスクールセミナー

政治経済学部 トップスクールセミナーについて





 政治経済学部で実施する、2016年度秋学期開講のトップスクールセミナーの授業概要については以下のリンクをご覧ください。
 トップスクールセミナー掲示用 

 各教員の授業詳細については、シラバス2を確認してください。

 *トップスクールセミナーとは、海外のトップスクールから招聘した教員が、
 現地そのままの形式で講義を実施する科目のことです。
  英語力のみならず、専門科目の力も伸ばすことができます。
 また、留学前の「留学体験」科目として、履修する学生も多数います。

 参考まで、これまでに開講した講義のうち一部を、以下のリンクより動画で体験することができます。
 ぜひご覧ください。

政治経済学部の国際化に向けて

 政治経済学部では、学部独自の「国際交流委員会」を設置し、精力的に学部教育の国際化を進めています。その目的を要約すれば、「政治・経済・社会・文化に関する豊かな専門知識をバックグラウンドとして持ちながら、世界の舞台で様々な文化的背景をもつ人々と対等に渡り合う能力を養成」することにあるといえます。政治経済学部では、こうした理念を現実化するため、包括的な「留学促進プログラム」を推進しています。これまで、国際化というと「英語能力」と同一視する誤った考えがありましたが、政治経済学部では入学してから卒業するまでの間に、学部が提供する通常の授業・演習と、「国際交流委員会」の下で運営する「留学促進プログラム」を有機的に結び付け、高度な専門知識、相手の文化に対する深い理解、優れた外国語コミュニケーション能力を持った人材を育成しようという極めて革新的・先進的なプログラム実施しています。

国際化に向けての様々なプログラム

 政治経済学部では、これからのグローバル社会に向けて、強い「個」と高いコミュニケーション能力を有し、他者・多文化への洞察力を備え、それぞれの専門領域において活躍できる人材の育成を目指しています。学部独自の留学プログラムや、海外の大学との学生間交流、海外の大学から研究者を招へいして行う集中講義(トップスクールセミナー)など、様々な取り組みを実施しています。
 政治経済学部の学生だけの3つの特典
 1.15ヵ国・地域38の留学プログラム 
 学部間協定に基づく留学プログラム数が明治大学の全学部で最多。北京大学(中国)、チュラロンコン大学(タイ)、南洋理工大学(シンガポール)等の世界のトップレベルの大学に留学できます。
 2.政治経済学部だけの、ダブルディグリー&デュアルディグリープログラム
 ・ダブルディグリー:4年2ヶ月で、明治大学の学士とノースイースタン大学(米国)の学士が取得可能
 ・デュアルディグリー:5年2ヶ月で、明治大学の学士とテンプル大学(米国)の修士が同時に取得可能
 時間、費用ともに節約できます。
 3.トップスクールセミナー 別の項目での説明をご覧ください

トップスクールセミナー

 “トップスクールセミナー”は、「明治大学にいながら世界のトップ・スクールでの講義や演習を手の中に!」をスローガンに、これまで実施してきた様々なプログラムをさらに強化するのが狙いです。国際標準の演習に参加し苦吟することで、世界で通用する能力を身につけると同時に、政治経済学部を訪れるトップ・スクールの教授たちに、明治大学の学生がいかに優秀かを知ってもらうのも、狙いの一つです。政治経済学部では将来的に、定員の約1割程度(約100人)の卒業生が、毎年国内外を問わず国際的な仕事に就くことを目標としています。真の「国際人」を目指すなら、政治経済学部がベスト・チョイスだといえます。急速に国際化の進む政治経済学部に注目ください。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.