商学部

在学生向け

関連情報

ヨーク大学プレMBA参加者の声

学生の参加前の抱負

商学部事務室では、この夏季休暇中、ヨーク大学で行われるプMBAプログラムに参加する学生に対して下記のアンケートを実施し、出発前の抱負などを聞いてみました。
1.プレMBAプログラムに参加しようと思ったきっかけを教えてください。
  • もともとマーケティングや広告に興味があり、それを英語で学べるのはこのプログラムしかないと思ったから。
  • 長い夏休みを有意義に過ごしたい、大学生の時しか経験できないことをしたいという思いから。
  • 英語スキルを高めながら、異文化を自らで体験したいため、プレMBAプログラムに参加することを決めました。
  • 金融の会社から内定をいただいたので、グローバル事業に携わるために、英語力が必要になります。一番英語でファイナンスのことを勉強できるのはプレMBAプログラムだと思ったから。助成金がある。
  • 大学に入学して、上級英語のクラスに合格したことが英語に対する自分のモチベーションを高め、英語能力のさらなる高みを目指したいと思ったからです。
  • もともと、短期留学に参加したいと入学当初から思っていたが、通常のプログラムよりも密度の濃い授業がうけられるのではないかと思ったから。
  • 語学の研修といった曖昧なものではなく、ビジネスで実際に行われることを学ぶというはっきりとした目的のあるプログラムだと思ったため。
  • 学生時代のうちに海外の大学で勉強をすることを経験することで一生の財産になると思ったからこのプログラムに参加しようと思いました。
2.プレMBAプログラムを通じてどのようなことを学びたいですか?
  • 英語圏で通用するビジネス技術(文書作成・プレゼンテーション・対話・慣習)と、Pre-MBAと言う事で、経営的な視点から物事を見る力を養いたいです。
  • 英語によるプレゼン能力の向上、カナダの文化(生活面、ビジネス面)金融先進国のカナダでファイナンスの知識を学びたい。
  • 国際ビジネスのことはもちろんのこと、それと同時に国際理解についても学びたい。
  • プログラムを通して学びたいのは外国人の価値観や文化についてです。具体的に日本との違いを学べたらいいです。
  • 実際現地に行き、Marketingをグローバル視点から学び得たいと考えています。
  • このプログラムの趣旨は、ビジネスパーソンのスキルを学ぶということだが、それと並行してあらゆる国の人々とコミュニケーションをとり、互いの文化や価値観を分かち合うこと。
  • 効果的な英語の学習方法や、説得力のあるプレゼンテーションのノウハウを学びたい。
3.どのような授業を楽しみにしていますか?
  • 生徒が積極的に参加するスタイルのものを楽しみにしています。
  • プレゼンテーションやディベートなど実践型授業
  • 基本的には全て楽しみです。自分が現在日本でやる授業との差を感じたいです。
  • リスクマネジメント、グローバルマーケット、ケーススタディー
  • 英語の基本を再度確認し、近い将来社会にでても通用するような授業内容を楽しみにしています。
  • グループワークやケーススタディー等、日本ではあまり行われていないような授業。
  • ただ講義を受けるだけでなく、発信力を身につけることの出来るような授業だと楽しみにしています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.