商学部

在学生向け

関連情報

特別テーマ実践科目

商学部 「特別テーマ実践科目」とは

社会で求められる人材になるためには、大学で学ぶ高度な知識を「知っている」「覚えている」だけでは十分ではありません。知識を上手に「使って」、直面するさまざまな課題を着実にクリアしていくことが求められます。教室での授業やテストでは解くべき課題が誰かから与えられるのが一般的ですが、社会人になれば課題自体を自分で探知・設定し、能動的に状況を解釈していかなければなりません。また、解決策も、テストの解答選択肢のように誰かが予め与えてくれているわけではありません。ですから、自分で知識を組み合わせて解決策を企画構想することが必要ですし、それを実行に移す段階では状況の変化にしたがって柔軟に作り替えることも必要です。そして、自分の作った解決策や実際にその解決策を実行した成果をより多くの人に分かりやすく情報発信することも重要になります。

明治大学商学部の特別テーマ実践科目とは、社会の中に実存するさまざまな課題を読み解き、その解決策を企画・実行し、成果をまとめ報告するという一連の実践的な課題解決プロセスを、地域連携や産学連携といった学外との協力関係を活用しながら経験してもらい、課題発見力、企画構想力・課題解決力、情報発信力といった社会で求められている能力の育成を目指す正課科目です。

※特別テーマ実践科目は、平成20年度 文部科学省「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に採択された明治大学商学部独自の教育プログラム「地域・産学連携による自主・自立型実践教育」の中核に位置づけられています。

商学部 「特別テーマ実践科目」 履修方法

履修区分

履修上の注意

1.特別テーマ実践科目はA・B・C・Dの4つの科目があります。4つの科目には複数の授業がありますが、同一科目の授業は重複して履修できません。

2.同一科目の履修は在学中に2回までとします。 (例)2015年と2016年度に特別テーマ実践科目Cを履修した場合、2017年度は特別テーマ実践科目Cは履修できません。

3.履修希望者は4月に開催する特別テーマ実践科目ガイダンスに必ず出席してください。(ガイダンスは和泉・駿河台の両キャンパスで開催します。「2017年度開講一覧」を確認の上、履修したい科目の開講キャンパスで行われるガイダンスに出席してください。)
 

履修の流れ

1.シラバスを読み、履修したい授業を選ぶ
講義概要を確認してください(公開用シラバスまたはOh-o!Meijiにて講義詳細を確認してください)
2.特別テーマ実践科目ガイダンスに参加する
  駿河台キャンパス 和泉キャンパス
日時 2017年4月4日(火)10:00~12:00 2017年4月8日(土)17:30~18:30
場所   アカデミーコモン 2階 (A1~A6会議室)  第一校舎 2階 211教室
内容 全体説明、個別ガイダンス、履修申込 全体説明、個別ガイダンス、履修申込
※科目によっては予定時刻よりも早くガイダンスを終了する場合がありますので必ず開始時間から参加してください。
※2017年度より科目担当教員は原則として科目開講キャンパスのガイダンスにのみ参加します。学生も履修したい科目が開講されるキャンパスのガイダンスに参加してください
3.履修者発表
以下の期日にOh-o!Meijiにて履修決定者を配信します。 

駿河台開講科目 2017年4月6日(木)以降(予定)
和泉開講科目 2017年4月10日(月)以降(予定)
※駿河台開講科目の一部については、4月10日(月)以降の発表になる科目があります。詳しくは2.のガイダンスで確認してください。
4.授業開始
ガイダンスに参加し担当教員の指示に従ってください。やむをえずガイダンスに参加できなかった場合は、初回授業で担当教員に履修可否を確認すること。
5.WEB履修登録
他の科目と同様に、WEB履修登録期間(後日発表)に各自で登録してください。


商学部 「特別テーマ実践科目」 2017年度開講一覧

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.