社会連携

関連サイト

【生田キャンパス公開講座】自律移動型ロボットとネットワークロボットの現在と未来

開催期間:2017年06月03日
明治大学 社会連携事務室

放射線区域や火山区域など、人が立ち入れない区域で観測する専門ロボットの開発も続ける。放射線区域や火山区域など、人が立ち入れない区域で観測する専門ロボットの開発も続ける。

「セキュリティロボットSQ-1」明治大学が特許出願中の独自のレーザセンサ技術を備えており、固定カメラでは追えない不審者、不審物の発見と通報、追跡等の業務を低コストで24時間行うことができる。2017年度中の実運用を目指している。「セキュリティロボットSQ-1」明治大学が特許出願中の独自のレーザセンサ技術を備えており、固定カメラでは追えない不審者、不審物の発見と通報、追跡等の業務を低コストで24時間行うことができる。2017年度中の実運用を目指している。

【後援】川崎市教育委員会連携事業 
 無人運転自動車やドローンなど、自律型移動ロボットの技術向上が目覚ましい。少子高齢化による労働力不足や世界の政情不安などもあり、今後ロボットがますます我々の住む一般社会にも浸透していくと考えられる。ロボットは今や、我々の社会を大きく変革しうる可能性を秘めていると言って良い。同時にスマートフォン等のように、ネットワークに繋がれ、クラウドサービス等と連携することで大きく使い勝手が向上し、我々の生活を一変させるようなIoTデバイスやサービスも身近になり、ネットワークに繋がることのパワーやメリットが認知されてきている。
 本講演では、無人運転自動車などに利用されている自律型移動ロボット技術を紹介するとともに今後のロボットで活用が期待されている新しいロボット技術と、それを取り巻くネットワークやクラウドサービス技術等について解説する。

日 時:2017年6月3日(土) 13:00~14:30(開場12:30) 
会 場:明治大学 生田キャンパス 地域産学連携研究センター地階多目的室
料 金無 料
申 込:事前予約制です。(全席自由、先着150名)
    リバティアカデミー事務局までお電話かHPからお申込み下さい。
    TEL 03-3296-4423
    URL 
academy.meiji.jp/course/detail/3470/    
    ※本講座は、会員の方以外でも受講できるオープン講座です。
    (ただし、会員になることはできません。)

◆講師紹介
黒田 洋司(クロダ ヨウジ)
明治大学理工学部教授(博士(工学))
1994年 東京大学大学院工学系研究科船舶海洋工学専攻博士課程後期修了、博士(工学)日本学術振興会特別研究員(PD)を経た後,1995年 明治大学理工学部機械工学科着任,移動ロボットの研究に従事,在職中。1996年~2003年、理化学研究所研究員、1996年から東京大学生産技術研究所研究員として水中ロボットの研究に従事~在任中。1998年より、文部科学省(現JAXA)宇宙科学研究所共同研究員に着任し、在任中。惑星探査ローバ、はやぶさ、はやぶさ2等に携わった。2010年には、はやぶさへの貢献から文部科学大臣および宇宙開発担当大臣よりそれぞれ感謝状を受ける。2004年~2006年マサチューセッツ工科大学(MIT)客員准教授。

佐伯 純(サエキ ジュン)
TIS(株)戦略技術センター主査
2002年早稲田大学大学院国際情報通信研究科(GITS)修了。同年、TIS(株)入社。顧客向けの諸システムに関するアジャイルプロセスを用いた開発に従事、その後、国産プログラミング言語Rubyを用いた開発検証の担当や、モバイル、位置情報、AR、クラウド関連技術の活用に関する検証等を推進。現在、AI及びロボット関連技術の応用、実用化を担当中。

問い合わせ先

明治大学リバティアカデミー事務局
駿河台キャンパス・アカデミーコモン11階
東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4423
http://academy.meiji.jp

「社会連携機構 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.