社会連携

関連サイト

元素誕生物語  新元素ニホニウムへの道

開催期間:2017年10月28日
明治大学 社会連携事務室

前回の講座風景。小川先生による分かり易い解説。前回の講座風景。小川先生による分かり易い解説。

会場となる地域産学連携研究センター会場となる地域産学連携研究センター

113番新元素ニホニウムが周期表に登場しました。日本の研究グループが達成した快挙です。でも、そもそも元素って何なのでしょうか?そして誰が作ったのでしょうか?1番から92番の元素は宇宙が作りました。では宇宙はどのようにしてそれらを作ったのでしょうか?超新星爆発が重要な役割を果たしていることが分かっています。そして人類はさらにその先の93番以降の元素の合成に挑んだのです。そこには数々のドラマがありました。この講座では元素誕生にまつわる宇宙の営み、人類の営みについて多くの方々に理解して頂けるよう、易しく解説したいと思います。

日 時:
2017年10月28日(土) 開講13:00~14:30(開場12:30)
会 場:明治大学 生田キャンパス 地域産学連携研究センター地階多目的室
料 金無料
申 込:事前予約制です(全席自由、先着120名)
    リバティアカデミー事務局までお電話かHPからお申込み下さい。
    TEL 03-3296-4423
    URL https://academy.meiji.jp/course/detail/3777/ 
    ※本講座は、会員の方以外でも受講できるオープン講座になります。
    (ただし、会員になることはできません。)  


◆講師紹介
小川 建吾(おがわ けんご)
千葉大学名誉教授
理化学研究所仁科センター
客員主管研究員
東京工大大学院卒業後、東京大学理学部および原子核研究所助手、関東学院大学工学部助教授を経て千葉大学教養部および理学部教授。現在、千葉大学名誉教授、理化学研究所客員主管研究員を兼任。専門は原子核物理学に関する理論的研究。

◆コーディネータ
納冨 充雄(のうとみ みつお)
明治大学地域産学連携研究センター長
明治大学理工学部教授
1986年東京工業大学工学部機械工学科卒業、1989年同大学院理工学研究科生産機械工学専攻修士課程修了。博士(工学)。
東京工業大学助手を経て、1997年より明治大学理工学部に勤務。現在、明治大学理工学部教授。専門分野は破壊力学、機械材料。
2016年4月より地域産学連携研究センター長に就任。著書に「材料力学」(共著、2006年、朝倉書店)、
「材料強度学」(分担、2005年、日本材料学会)がある。

問い合わせ先

明治大学リバティアカデミー事務局
駿河台キャンパス・アカデミーコモン11階
東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4423
http://academy.meiji.jp

「社会連携機構 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.