社会連携

関連サイト

明治大学×中野区 連携講座【シニア世代の新たな生き方】

開催期間:2017年10月14日
明治大学 社会連携事務室

本講座は、中野区との連携講です。
第一部では、「未来の介護」、「シニアのセカンドキャリア」について取り上げます。
超高齢社会を迎え、介護の現場における悲しい出来事も後を絶たない状況です。殆どの人が避けて通れない介護を、介護者・被介護者の両面から快適なものとすることは極めて重要です。介護者・被介護者の快適度に影響するのは、光の強さと方向、湿度、温度、香りの種類と強弱、色合い、音の質と大小、更に部屋のレイアウト、壁の模様など、多岐に渡ります。更に快適度の尺度として、体温、脳波、表情、動作、声などの生体情報が考えられ、このようなビッグデータ同士の関係を求めることは容易ではありませんでした。明治大学先端数理科学インスティチュート(MIMS)では、この社会課題に人工知能を利用した最先端の研究でアプローチしています。
テクノロジーの進化で未来はどう変わるのか。人生100年時代のキャリアデザインについても考えるきっかけにしていただければと思います。
第二部では、「認知症予防」をテーマに講演します。認知症を予防するには、正しい知識を持つことが大切です。是非この機会に 認知症予防について学んでいただけたらと思います。

■第一部 未来の介護とシニアのセカンドキャリア (安部)
■第二部 今日から始める認知症予防 (宮前)


日 時:
2017年 10月 14日(土) 開講13:00~15:00(開場12:30)
会 場:明治大学 中野キャンパス 5階ホール
料 金無料
申 込:事前予約制です(全席自由、先着400名)
    リバティアカデミー事務局までお電話かHPからお申込み下さい。
    TEL 03-3296-4423
    URL https://academy.meiji.jp/course/detail/3863/ 
    ※本講座は、会員の方以外でも受講できるオープン講座になります。
    (ただし、会員になることはできません。)  

◆講師紹介
荒川 薫(あらかわ かおる)
コーディネータ 
明治大学総合数理学部学部長
東京大学卒業。東京大学大学院博士課程修了。専門はメディア情報学、情報通信工学。著書"Fuzzy Techniques in Image Processing"、Springer-Verlag(分担)、論文「成分分離型ε-フィルタを用いた音声の雑音低減法」他。

宮前 史子(みやまえ ふみこ)
東京都健康長寿医療センター
認知症支援推進センター研究員
2005年度から地域型認知症予防プログラムの開発・普及や地域づくりの研究に携わっており、2010年度から2012年度に認知症早期発見のためのツール開発と認知機能低下抑制介入に関する研究班で、ウォーキングプログラムの開発に携わった。現在は、離島における認知症支援システムの構築や認知症当事者支援等の研究を行っている。

安部 博枝(あべ ひろえ)
明治大学研究・知財戦略機構
先端数理インスティテュート研究員
株式会社アビライト代表取締役
大手自動車メーカー勤務後、東京工業大学研究員を経て、現在明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)研究員。学術理論の社会活用と女性の多様なキャリア形成を支援するために2015年に株式会社アビライトを起業。官公庁・企業の人材育成とキャリア開発を通じて1万人以上の社会人教育に携わる。心身ともに健康で前向きに生きるためのキャリア教育に深層学習の研究を取り入れるなど、新機軸を開きその普及にも力を注いでいる。リライフ社会デザイン協会(ReSDA)理事、NPO法人日本版イグノーベル賞を目指すCSNPプロジェクト副代表理事。


問い合わせ先

明治大学リバティアカデミー事務局
駿河台キャンパス・アカデミーコモン11階
東京都千代田区神田駿河台1-1
TEL:03-3296-4423
http://academy.meiji.jp

「社会連携機構 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.