社会連携

関連サイト

創立者出身地への学生派遣プログラム 第3回参加者ガイダンスを実施しました

2013年09月13日
明治大学 社会連携事務室

 7月13日(土)、創立者出身地への学生派遣プログラム2013の第3回参加者ガイダンス実施しました。
 第2回ガイダンスに引き続き、ガバナンス研究科 源由理子教授によるファシリテーション研修を実施。学生がファシリテーターとなり、演習形式での実習を行いました。

【参加学生の声】
・ファシリテーターをやったが、意見を収束させていくことは難しいなと思った。また、目的が何なのかを見失いやすく、大変だった。
・ファシリテーターとして、参加者の意見を大切にしつつ、意見を言わない立場を貫くことの大切さと大変さを学びました。

 ファシリテーション研修で学んだことを踏まえ、8月にはいよいよ各地域へ赴き現地調査(フィールドワーク)を行います。

この記事に関連するページ

「社会連携機構 ニュース一覧 2013年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.