社会連携

関連サイト

中野区と相互協力に関する基本協定を締結しました。

2014年04月01日
明治大学 社会連携事務室

 明治大学は3月27日、中野キャンパスのある東京・中野区と相互協力に関する基本協定を締結しました。
 中野区役所で行われた協定書調印式には、明大から福宮賢一学長、藤江昌嗣社会連携機構長(経営学部教授)、須田努地域推進センター長(情報コミュニケーション学部教授)らが、中野区からは田中大輔区長、金野晃副区長、田辺裕子教育長、竹内沖司政策室長が出席。福宮学長と田中区長はそれぞれ協定書にサインすると、今後の連携強化を誓って固く握手を交わしました。
 調印式後に行われた記者会見で、田中区長は相互協力協定の経緯と必要性に触れ、「中野というフィールドを教員・学生にぜひ有効にご活用いただきたい」と今後の連携に期待を述べました。続いてあいさつに立った福宮学長は、総合数理学部が中野区の小・中学生を対象に行った「わくわくサイエンスラボ」や区民を対象としたリバティアカデミー講座などを紹介し、「これまで行ってきた活動をさらに広げ、“オール明治”の知的資産を大いに活用していただき、より一層地域への貢献を進めていきたい」と、これからの発展に向けた思いを語りました。
 両者は今後、中野区の地域活性化や人材育成、教育・学術・文化振興、産業育成支援などの分野で相互協力を進めていきます。
 

記者会見場でともに協定書を掲げる田中区長(写真左)と福宮学長記者会見場でともに協定書を掲げる田中区長(写真左)と福宮学長

オール明治で中野区への貢献を(調印式での集合写真)オール明治で中野区への貢献を(調印式での集合写真)

「社会連携機構 ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.