社会連携

関連サイト

履修証明プログラム「女性のためのスマートキャリアプログラム」 入校式を挙行しました

2015年04月13日
明治大学 社会連携事務室

4/11の入校式4/11の入校式

4/13の初回講義風景4/13の初回講義風景

講義には笑顔が溢れています講義には笑顔が溢れています

   4/11(土)、本学初の履修証明プログラム「女性のためのスマートキャリアプログラム」(プログラムコーディネーター:小川智由商学部教授)第一期生42名の入校式を、駿河台キャンパスグローバルフロント1階グローバルホールにて挙行しました。

 文部科学省が推奨するこの「履修証明制度」は、大学が人材養成の目的に応じて必要な科目を編成し、体系的な教育プログラムを構築することで、主として社会人向けに多様な分野の学習機会を提供することを目指すもので、社会連携機構の下、本学生涯教育の拠点リバティアカデミーにおいて、女性の仕事復帰、社会での新たな活躍を支援するビジネスプログラムとして開設されます。

 開式にあたり挨拶をした福宮賢一学長は、専門部女子部から現在に至るまで脈々と続く、先駆的に日本の女子高等教育を担い、教育を通じて女性の社会進出に大きな役割を果してきた本学の歴史に触れ、女子高等教育における本学の役割と使命について語るとともに、一期生となる履修生の向学心と向上心に対し敬意を表しました。

 続いて挨拶をしたリバティアカデミー長の須田 努情報コミュニケーション学部教授は、新たな学びの場として本学の門をくぐった履修生に感謝と歓迎の意を表するとともに、“生涯勉強”という恩師からの言葉を例に、「ご家庭・仕事・勉強等の両立は簡単ではありませんが、楽しく学んでいきましょう!いつでも教員・職員にご相談ください!」とエールを贈りました。
 
 式中では「ダイバーシティを推進する女性の力」と題し、内閣府「男女共同参画推進連携会議」有識者議員でもある牛尾奈緒美情報コミュニケーション学部教授により「ダイバーシティ・マネジメントについての世界と日本の現状と女性の生き方、キャリア形成について」と題した記念講演を実施し、履修生は皆熱心に聴き入っていました。

 当プログラムは4/13(月)から授業が開始され、本学商学部において授業を実践の場として活用し企業の課題を解決する「アクティブラーニング」形式のゼミ、本学ビジネススクールとの緊密な連携により「女性経営者によるサロン形式の講義」など魅力的な講義を実施していきます。そして、新たなビジネスシーン及び知的ネットワークの創出の場として活用されることも期待しています。

問い合わせ先

社会連携事務室
E-mail:scareer@meiji.ac.jp

「社会連携機構 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.