理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

教員メッセージ

電気電子工学専攻

井家上 哲史 教授

スマートフォンに代表されるディジタル機器には、電気電子工学が培ってきた技術がいっぱい詰め込まれています。ディジタル機器を支える様々な技術は、省エネルギー技術、高集積化回路技術、高精細ディスプレイ技術、高速通信技術、信号処理技術など、それ単体でも世の中で役立つ素晴らしい技術です。そして、それらの技術がスマートフォンとして融合することで、今までになかった新しい価値が世の中に創造されてきたのです。このように、新しい価値を創造するためには、しっかりした基礎はもちろん、常識にとらわれない発想力や柔軟な思考力が必要不可欠です。電気電子生命学科の電気電子工学専攻では、電気電子工学の基礎を体系的に学ぶだけでなく、それらを複合的に応用できる技術者・研究者の育成をめざします。みなさんも一緒に、世の中に新しい価値を創造していきましょう。

生命理工学専攻

石田 義久 教授

我が国は人口の4人に1人が65歳以上という超高齢化社会に突入し、電子技術は従来の電子機器や通信機器にとどまらず医療機器の開発などにも重要な役割を担ってきています。生命理工学専攻では、電気電子工学の知識を医療や生命科学の分野に活用できる人材を育成するため、実際に使える技術・理論の指導に重点をおいてカリキュラムを編成しています。スマートフォンや自律型ロボット、薬品開発、医療機器などに代表される、身近に応用されている技術の学びを通じて、幅広く社会のニーズにこたえる技術者・研究者を育てます。私たちと一緒に、最新の電気電子技術・生命科学技術を駆使した新しい「生命理工学」を創造してみませんか。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.