理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

【理工学研究科応用化学専攻】伊藤賢人君(相澤守研究室・博士前期課程2年)が無機マテリアル学会第131回学術講演会で無機マテリアル学会講演奨励賞を受賞しました。

2015年11月16日
明治大学 理工学部事務室

受賞名:無機マテリアル学会講演奨励賞

学会名:無機マテリアル学会第131回学術講演会

開催地:愛知県産業労働センター(名古屋市)

開催日:2015年11月5-6日(発表日:11月5日)

発表者:○伊藤賢人, 鴈本拓也, 長田直生, 中野和明, 浅野吉則, 長屋昌樹, 松成ひとみ, 本田みちよ, 織部一弥, 長嶋比呂志, 相澤 守

演題:気孔構造を精密制御した多孔質水酸アパタイトセラミックスの生体内反応

内容:
現在、骨疾患の治療は「自家骨移植」がゴールデンスタンダードとなっております。しかしながら、自家骨は「骨誘導能」(骨をつくる細胞、骨芽細胞が周囲にいなくても骨を形成させる性質)をもち、臨床的な成績に優れているものの、採取量の限界と健常部位からの採取という2つの問題を抱えております。一方、水酸アパタイトに代表される人工骨は、「骨伝導能」(骨芽細胞の存在下で骨を形成させる性質)を有しているものの、骨誘導能はほとんどありません。そこで、自家骨に代わりうる機能的な人工骨の開発が求められております。
理工学部の生体関連材料研究室(相澤守教授)では、生体骨と近い化学組成と異方性構造を備えたアパタイトファイバーを出発物質とし、異なる粒径をもつ気孔形成剤を加えて焼成することで、骨誘導能を備えた次世代型人工骨の開発を進めています。本研究では、気孔構造を精密制御した多孔質水酸アパタイトセラミックスを試作し、農学部長嶋教授の協力のもと、ブタの骨・筋および脂肪内に多孔質セラミックスを埋入し、その生体内反応を調べました。組織学的評価の結果、三重気孔構造を備えた気孔率70%の多孔質セラミックスが骨伝導特性のみならず、骨誘導能も発現することを明らかにしました。
今回、上記の研究成果が認められ、「講演奨励賞」の受賞につながりました。なお、無機マテリアル学会は、創立60年を超える無機材料に特化した伝統ある学会のひとつであり、今回の学術講演会は131回目を数えます。

関連ホームページ:
無機マテリアル学会:http://www.simj.jp/
応用化学科 相澤研究室:http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/
明治大学バイオリソース研究国際インスティテュートHP:http://muiibr.com/

 

「理工学研究科 ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.