理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

【応用化学専攻】博士後期課程3年横田倫啓さん 日本バイオマテリアル学会優秀研究ポスター賞受賞 

2017年12月06日
明治大学 理工学部事務室

 理工学研究科応用化学専攻生体関連材料研究室(相澤守教授)では、手術後の感染などを防ぐ「抗菌性インプラント」の研究に取り組んでいます。
 近年、医療業界では、骨充填材や人工関節などのインプラント材が広く普及していますが、それらの使用後の術後感染症は重篤な合併症の一つであり、大きな問題となっています。本研究では、耐感染性を備えた抗菌性骨補填材を開発するため、生体吸収性セラミックスの一つであるβ-リン酸三カルシウムに広い抗菌スペクトルを持ち、かつ耐性菌が発生しない「銀イオン」を置換固溶させることで、材料が溶解するタイミングで抗菌性が発現する新規な「抗菌性無機フィラー」を創製しました。
 本発表では、無機フィラーに適した形状の粒子が得られる「超音波噴霧熱分解法」により銀を担持させた「リン酸三カルシウム中空微小球」を創製し、材料からの銀イオンの徐放挙動や骨隨炎の原因菌とされる黄色ブドウ球菌を用いたin vitro試験によりその抗菌性を明らかにしました。この研究成果が認められ、日本バイオマテリアル学会「優秀研究ポスター賞」の受賞につながりました(対象発表125件中30件が受賞)。日本バイオマテリアル学会は、バイオマテリアルに特化した日本唯一の学会であり、今年で39回目を数えます。なお、この研究は本学とオルソリバース株式会社、名古屋工業大学および慶應義塾大学との共同研究となっており、「NEDO戦略的基盤技術高度化支援事業」の一環として実施されました。

受賞名:日本バイオマテリアル学会優秀研究ポスター賞
学会名:第39回日本バイオマテリアル学会大会
開催地:タワーホール船堀
開催日:2017年11月20-21日
発表者:〇横田倫啓、本田みちよ、大坂直也、牧田昌士、西川靖俊、春日敏宏、相澤 守
演 題:抗菌性を備えた銀含有リン酸カルシウム微小球の合成とその特性評価

関連ホームページ:
日本バイオマテリアル学会 http://kokuhoken.net/jsbm/
応用化学科 生体関連材料研究室(相澤研究室) http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/
明治大学生命機能マテリアル研究クラスター http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/cluster/

「理工学研究科 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.