理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

田原 一邦 Tahara Kazukuni

タハラ カズクニ

職格
准教授
学位
博士(理学)
最終学歴
東京大学大学院
専攻分野(研究分野)
物理有機化学,超分子化学,表面化学
大学院研究指導担当
博士前期     博士後期 

研究テーマ

新奇π共役化合物の創成,有機分子の自己集合による固体表面におけるナノ構造の構築

キーワード

新奇π共役化合物,自己集合,走査プローブ顕微鏡

主な大学院担当科目

有機プロセス化学特論

講義概要

1. Tahara, K.; Katayama, K.; Blunt, M. O.; Iritani, K.; De Feyter, S.; Tobe, Y. Surface-Confined Pores: Guest Binding Directed by Lateral Noncovalent Interactions at the Solid-Liquid Interface. ACS Nano 2014, 8, 8683. 2. Tahara, K.; Inukai, K.; Adisoejoso, J.; Yamaga, H.; Balandina, T.; Blunt, M. O.; De Feyter, S.; Tobe, Y. Tailoring Surface-Confined Nanopores with Photoresponsive Groups. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8373. 3. Tahara, K.; Yamaga, H.; Ghijsens, E.; Inukai, K.; Adisoejoso, J.; Blunt, M. O.; De Feyter, S.; Tobe, Y. Control and Induction of Surface Confined Homochiral Porous Molecular Networks. Nature Chem. 2011, 3, 714. 4. Tahara, K.; Furukawa, S.; Uji-i, H.; Uchino, T.; Ichikawa, T.; Zhang, J.; Mamdouh, W.; Sonoda, M.; De Schryver, F.C.; De Feyter, S.; Tobe, Y. Two-Dimensional Porous Molecular Networks of Dehydrobenzo[12]annulene Derivatives via Alkyl Chain Interdigitation. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 16613. 5. Nakamura, E.; Tahara, K.; Matsuo, Y.; Sawamura, M. Synthesis, Structure, and Aromaticity of a Hoop-Shaped Cyclic Benzenoid [10]Cyclophenacene. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 2834.

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

「理工学研究科 応用化学専攻 教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.