理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

我田 元 WAGATA Hajime

ワガタ ハジメ

職格
専任講師
学位
博士(工学)
最終学歴
東京工業大学大学院
研究業績等
教員データベース
E-mail
wagata■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
無機化学、結晶化学、無機材料工学
大学院研究指導担当
博士前期     博士後期 

研究テーマ

新奇無機単結晶・結晶薄膜の作製とその基礎物性の調査、結晶成長メカニズムの解明

キーワード

結晶成長、溶液法、電子物性

主な大学院担当科目

無機化学特論4、応用化学研究

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

本研究室では、溶液法を利用した無機結晶育成に取り組んでおり、それらを利用した次世代エネルギー・環境材料応用を目標としています。溶液法とは、溶媒中に金属あるいは金属塩を溶かし、再結晶、溶媒蒸発、あるいは加水分解などの化学反応を利用して無機結晶を析出させるとてもシンプルな手法です。地球上ではこのような化学反応により鉱石が生成しますし、人間が作ることのできない複雑な形状の無機物質を作る生物も存在します。自然界のものづくりを学び・応用することで、さまざまな材料創成に挑戦します。

主な著書・論文

K. Kawashima, M. Hojamberdiev, H. Wagata et al., ”NH3-Assisted Flux-Mediated Direct Growth of LaTiO2N Crystallites for Visible-Light-Induced Water Splitting”, J. Phys. Chem. C, 119, 15896, (2015).
H. Wagata, K. Teshima et al., “Chloride Flux Growth of La2Ti2O7 Crystals and Subsequent Nitridation To Form LaTiO2N Crystals” Cryst. Growth Des., 15, 124, (2015).
H. Wagata, N. Matsushita et al., “An Aqueous Solution Process and Subsequent UV Treatment for Highly Transparent Conductive ZnO films”, J. Mater. Chem., 22, 20706, (2012).
H. Wagata, N. Matsushita et al., “Control of the Microstructure and Crystalline Orientation of ZnO Films on a Seed-Free Glass Substrate by Using a Spin-Spray Method”, Cryst. Growth Des., 10, 4968, (2010).
H. Wagata, N. Matsushita et al., ”Single-Step Fabrication of ZnO Rod Arrays on a Nonseeded Glass Substrate by a Spin-Spray Technique at 90°C”, Cryst. Growth Des., 10, 3502, (2010).

「理工学研究科 応用化学専攻 教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.