理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

国際会議ALGO2017で情報科学科玉木久夫教授と計算理論研究室の学生が賞を受賞しました

2017年09月22日
明治大学 理工学部事務室

9月4日~8日にウィーンで開催された国際会議ALGO2017で、情報科学科の玉木久夫教授と計算理論研究室の学生が下記の賞を受賞しました。
 ALGOはアルゴリズム分野でトップクラスの国際会議のひとつで、ヨーロッパでは最大です。ESA(European Symposium on Algorithms)をはじめとする六つのシンポジウムとワークショップからなります。 ESAは、アルゴリズム理論を対象とするTrack Aおよびアルゴリズム工学と応用を対象とするTrack Bからなります。また、PACEはParametrized Algorithms and Computational Experiments Challengeの略で2016年に創設されたアルゴリズム実装コンテストで、 実装したアルゴリズム(プログラム)のスピードを競います。
今年はTrack A1(木幅計算厳密解法)、Track A2(木幅計算ヒューリスティック)、Track B2(最小フィルイン問題)の3部門で競われました 。

賞名     ESA Track B Best Paper Award
受賞者 玉木久夫教授
題目   Positive-instance driven dynamic programming for treewidth

賞名       PACE(Parametrized Algorithms and Computational Experiments Challenge)
               Track A1  第2位 大塚 広夢、玉木 久夫
     Track A2    第1位 牧井 慶太朗、大塚 広夢、佐藤 拓人、玉木 久夫
     Track B      第1位 小林 靖明、玉木 久夫

小林氏は同研究室OBで現在京都大学助教、他の3名は同研究室所属の大学院生(博士前期課程)です。

「理工学部 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.