理工学部

理工学部

在学生向け

関連情報

人材養成その他教育研究上の目的

人材養成その他教育研究上の目的

◆電気電子生命学科
 電気電子生命学科では,基礎科目の十分な理解を土台に電気電子工学の幅広い学問領域をベースとした専門科目及び医療や生命科学との隣接領域における専門科目を修得し,科学的センスと創造性を身に付けた技術者・研究者として,様々な分野において指導的立場で活躍が期待できる人材の育成を目指す。 電気電子工学専攻では,「環境・エネルギー」,「新素材・デバイス・ナノテクノロジー」,「通信ネットワーク」,「情報制御システム」の4分野にわたる多くの専門科目から,複数の分野にまたがる基幹的な科目と特定の分野の先端性・応用性の高い科目を学ぶことにより,幅広い知識と専門性を兼ね備えた,多様な現代社会の諸問題に立ち向かえる実践力のある人材を育成する。 生命理工学専攻では,電気電子工学の4分野において,医療や生命科学との関わりが深い,「医工学」,「脳神経科学」,「ナノバイオテクノロジー」,「創薬科学」などの複合分野の研究を推進し,新しい医療技術及び健康科学の分野で活躍する最先端の人材を育成する。

◆機械工学科
 機械工学科では,科学技術を基盤とする平和で豊かな社会を実現していくため,責任感と倫理観を持ち,グローバルな社会的・文化的教養と機械工学の知識・技術に基づいて柔軟かつ総合・多面的に思考し,問題の設定・解決や価値創造を他者と協調して積極的に実践し,自ら成長を継続できる「自立した創造的技術者」となる人材の養成を目的としている。そのため,学習・教育目標として,(A)技術者意識の涵養,(B)工学基礎及び専門知識・技術の習得,(C)実践力の養成を掲げ,その達成のため,教養科目,工学基礎・専門科目及び講義・実験・実習科目をバランス良く組み合わせたカリキュラムを提供する。さらに,学習・教育目標を超えた幅広く高度な学習・研究の機会も提供し,機械工学の知識と技術を確実に継承し,発展させうる優れた技術者・研究者の育成も目指す。

◆機械情報工学科
 機械情報工学科では,コンピュータと電気・電子に強い機械技術者の育成を目指している。すなわち,機械工学の基礎分野を幅広く学び,豊かなアイデアを創出し,それを具現化する情報技術を備えた人材育成が目的である。学生は,学科が掲げる学習・教育目標としての基礎となる数学,物理学及び情報技術に加えて,機械工学の専門としての材料と構造,運動と振動,エネルギーと流れ,情報と計測・制御,設計と生産及び機械とシステムに関する知識を学び,工学上の未知の問題解決にそれらを活用する応用力を身につけ,上級技術者及び研究者を目指すための基礎力を養う。その上で,問題発見・解決能力,デザイン能力,国際化に対応できるコミュニケーション能力,広い視野と社会的な良識,倫理観と責任感を醸成する。

◆建築学科
 建築学科では,豊かな生活と持続的な社会を支える総合的な環境の構築を目的とし,自然と調和した安全,安心,快適な建築及び諸環境の創造に貢献しうる,優れた知識,技術,デザイン能力を有する人材の育成を目指す。これを実現するため,建築学科では,次の学習・教育到達目標を掲げ,体系的な教育と研究の機会を提供する。
・社会性と幅広い視野
・倫理観と構想力
・技術力とデザイン力
・建築の専門知識(総合力・専門力)
・建築の専門知識を応用する能力(創造力)
・コミュニケーション能力とコーディネート能力 (対話力と調整力)
・国際力

◆応用化学科
 応用化学科では,「フラスコからコンピュータまで扱える科学者・研究者・技術者の育成」を合言葉にして,基礎から高度な応用まで幅広い視野と独創性を持った人材の育成を教育目標に掲げている。この目標の達成を目指して,無機化学・有機化学・物理化学・化学工学・分析化学の5つの基礎分野を柱に,カリキュラムを構成している。また,応用教育としては,実験器具を利用する従来の実験科目に加えて,コンピュータを利用するシミュレーション実験の科目を設置しており,幅広い視点で化学を理解する能力の体得を目指している。本学科では,様々な化学産業のニーズに応える即戦力の応用技術研究のみならず,基礎科学も含めた広汎な研究分野を網羅しており,将来の科学技術の発展を担いうる人材の育成に努めている。

◆情報科学科
 情報科学科では,人類の幸福と安全な社会の実現に向けて,豊かな創造力と柔らかな思考力を持った人材の育成を目指している。目標とするのは,時代の変化に適応できる高度な実力を有し,同時に倫理観と社会的責任感を持った人材の育成である。そのために,情報に関する基礎理論から応用までを幅広く学ばせることで,基礎,実践の両面での実力を養成する。また,他分野との境界領域にもまたがる横断的な教育を重視する。教員の個別指導の下で,問題発見能力と問題解決能力を養成し,国際性豊かで創造性に富んだ幅広い視野を持つ情報科学の専門家の育成を行う。研究面においては,ユニークで他に誇れる研究成果を挙げることを目指している。

◆数学科
 数学科では,現代数学の基礎から積み上げた堅実な知識を背景に,自然と社会と人間に関する理解と数理科学教養を兼ね備えた人材を育成し,社会に輩出することを目指している。数学は,様々な学問分野の基礎であるだけでなく,社会の多様な現場で重要な役割を果たし,文明の基幹構造となっている。本学科の任務は,次代を背負う数学研究者,社会の広汎なニーズに応じて様々な現象と数学の間に架橋する力を持った数理科学研究者,専門職業人の育成のほかに,長い歴史の中で発展してきた数学を次世代に継承する優れた中学・高校教員を養成することにある。これらの使命を果たすため,本学科は,大学院(基礎理工学専攻数学系)との一貫教育を前提として,代数学・幾何学・解析学という伝統的な数学の修得を基本にしつつ,現代社会において情報科学の素養を持つ人材が求められている現状を踏まえ,情報科学の本質を学ぶことも視野に入れた数理科学教育を展開するものである。

◆物理学科
 物理学科では,「物理学の研究・教育を通して論理的思考ができる人物を育てる」ということを教育の目的としている。物理学は,自然の振る舞いを支配する法則を帰納的に突き止め,その根本原理に基づいて現象を演繹的に理解しようとする学問である。本学科では,この物理学のものの考え方を身につけ,いかなる場合にも対処できる社会人の養成を目指している。課題を論理的に順序立てて考えられる力は,理系分野に限らず,どのような分野に進んでも常に基本に立ち返って思考する力として武器となり自信を持って社会で活躍できるはずである。物理学での思考過程や論理を適切に身に付けさせるために,基礎学力を重視し,講義科目での内容を演習や実験で繰り返すことにより実践的に学ばせる。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.