ユビキタス教育

ユビキタス教育とは

ユビキタスとは

21世紀は「知識基盤社会の時代」と位置付けられています。大学の学部・大学院教育には、「新たな知の創造・継承・活用」に応える「教育機能の充実」だけでなく、「幅広い教養を身に付け、時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、あるいは社会を改善していく資質を有する人材=『21世紀型市民』を多数育成していく」ことが求められています。
このような知識基盤社会の到来に向けて、「誰もがどこでも学べる高等教育=『ユニバーサル・アクセス』の実現」に向けて「競争的環境の中での各高等教育機関の個性・特色」を一層明確化することが必要であるという考えから、本学のユニバーサル・アクセスの飛躍的拡大を目指して、ユビキタス教育を推進しています。

明治大学ユビキタスカレッジ構想への展開

具体的な取り組みとしては
● 多様な学習に対して多様な高品位の学習教育環境を創造し提供すること
● 継続的な教育改革・教育改善を行っていくこと
であり、これを実現するために、明治大学では、さまざまな学内外の機構と連携し、eラーニングを活用した新しい教育方法を積極的に取り入れます。

学内の組織体制の整備

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.