ユビキタス教育

コンテンツの制作と配信

ユビキタス教育推進事務室では、eラーニング及び遠隔教育を発展・定着させるため、正規授業の他、教育・研究に係わる様々な取り組みを推進・支援しています。
その一環として、正課授業はもちろんのこと、講演会、発表会、シンポジウム、セミナーや各種プログラム、行事等を収録し、教育用コンテンツを制作する取り組みを行っています。
また、ここで制作したコンテンツそのものを明治大学の特徴的な教育・研究として世界に向け発信する環境作りも進めていますので、ぜひご活用ください。
ご関心のある方は、当事務室までご相談ください。なお、正規授業をeラーニングで行ってみたいなど、メディア授業 (e-Learning) に関するご相談、ご質問につきましても、お気軽にお問い合わせください。

【授業・講演会・発表会・シンポジウム・セミナー等のコンテンツ化・配信に関すること】
03-3296-4493 (内線:60-4493)

【上記以外の正規授業のeラーニング化等に関すること】
03-3296-4458 (内線:60-4458)

授業・シンポジウム・講演会等の収録・編集・配信

授業・シンポジウム・講演会等の収録・編集・配信のおおまかな流れは以下のとおりです。

収録

● 事前打合せ
 収録対象となる授業・行事の事務局を中心に、収録・編集担当者等を含め、関係者で事前打合せを行います。
 当日の進行プログラムやタイムテーブル、会場レイアウトなどを確認しながら進めます。
 コンテンツの用途をふまえて、完成品のイメージや利活用の方法などを考えながら、最適な手法を取り入れます。
 また、著作権等諸権利の取り扱いについてもこの時点で整理しておくと、収録後の編集作業がスムーズになります。

● 収録当日
 事前打合せをふまえて、収録を行います。

編集

● 編集作業
 収録した映像や資料をデジタルコンテンツとして仕上げていく作業です。
 不要な部分のカットやテロップ挿入等を行います。
 コンテンツの用途により、高度な映像効果等が必要な場合は、外部業者へ委託することもあります。

● 著作権処理
 講演者が当日使用した資料の著作物に著作権処理等を行います。
 その他諸権利に関する処理も同時に行います。

● コンテンツのチェック
 編集中や編集後に、コンテンツとして問題がないかチェックしながら完成させます。

配信

収録・編集したコンテンツのうち、一般公開できるものは、「明治大学 iTunes U」や動画配信システム「mediasite (メディアサイト)」にて配信します。
また各学部や事務室等でお持ちの動画や収録済みのコンテンツを配信、公開することもできます。

明治大学 iTunes U

アップル社が提供している「iTunes U」は、スタンフォード、エール、MIT、オックスフォードなど世界の名だたる大学からMoMA、アメリカ議会図書館などの文化機関まで、世界約70カ国の様々な教育コンテンツを無料で見ることができる人気のサービスです。本学もこのサービスに参加し、講義や講演会、大学紹介などを公開しています。

詳しくは「明治大学 iTunes U」のページをご覧ください。

mediasite (メディアサイト)

mediasite は、本学が保有・管理している動画配信システムです。
全世界へ向けた一般公開ができるほか、用途に応じて、ID・パスワードによるアクセス制限や、学内ネットワークからのみアクセスできるようにする等の設定することも可能です。

mediasite を利用した配信については、「コンテンツのご紹介」のページをご覧ください。

この記事に関連するページ

問い合わせ先

明治大学 情報メディア部 ユビキタス教育推進事務室
電話 : 03-3296-4493
FAX : 03-3296-4525

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.