ユビキタス教育

授業設計

シラバス ※クリックで拡大します ダウンロード

シラバスを作成する

eラーニング授業のシラバスも、従来の教室対面授業のシラバスと基本的にはほぼ同じ内容で作成します。

最初にその科目全体の学習目標を設定します。
学習目標は、その科目を学ぶことで「何ができるようになるのか」をできるだけ具体的に記述にします。

次に、学習目標達成に対する評価の方法を決定します。小テスト、課題提出など様々な方法がありますが、学習目標の達成を判定するために適切な評価方法を選ぶことが大切です。

もし、設計する授業が、他の科目単位を取得していることを前提としていたり、理解するために必要な知識や技能を想定できるのであれば、学習を開始するために必要な条件として、シラバスに書いておきます。

そして、各回の学習テーマを記入します。eラーニングだけでは体験することが出来ない実習などのために、実際に教室に集まってスクーリング(対面授業)を行うこともあります。

使用するテキストや参考書など、授業に必要な情報を記入してシラバスを完成させます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.