ユビキタス教育

著作権処理の作業

教材画面や補助資料を確認して、他者著作物一覧表を作成する。

eラーニング授業を制作する際には、「著作権処理」の作業に注意しなければなりません。
通常の大学の授業において、教室の中でさまざまな著作物を教材として提示する場合は、いちいち使用許諾を申請する必要はありません。しかし、eラーニング授業で画面に表示する場合には、著作権処理が必要かどうかを判断して使用許諾の申請を行わなければなりません。
eラーニングにおける著作権について

日本の著作権法は、次のように、学校などの教育機関が授業のために他人の著作物を著作権者の許諾を得ることなく、一定の範囲で利用できることを「教育目的利用の例外規定」として定めています。

① 学校その他の教育機関における複製(第35条第1項)
② 学校その他の教育機関における公衆送信(第35条第1項)
③ 試験問題としての複製(第36条)
④ 営利を目的としない上演等(第38条第1項)

これらの例外は教室の中で授業を行うことに限って認められているため、サーバから配信して利用するeラーニング教材には適用されません。

インターネットで公衆送信が認められるのは、実際に授業が行われる主会場から遠隔地の副会場に同時中継される場合のみであり、 “いつでも・どこでも”さまざまな場所に配信するeラーニング教材は、この例外規定の対象にはならないのです。

このため、通常の授業では許されていた著作物の利用(絵画や写真を提示する、論文や新聞記事のコピーを配布する、など)も、授業を収録して動画で配信する場合には、個々の著作物について使用許諾が必要です。インターネットやパソコンソフトの画面をキャプチャして表示する場合にも、使用許諾を受ける必要があります。

画面 ※クリックで拡大します

よって、eラーニング授業用に教材を作成する場合、いままで教室で使用していた教材であっても、第三者の著作物が掲載されているかを確認して使用許諾を受ける必要があります。
教材画面や補助資料の準備を進めながら、他者著作物一覧表を作成してリエゾンに申請を依頼します。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.