ユビキタス教育

eラーニングとは

eラーニングとは、パソコンやインターネットなどのIT技術を活用した新しい教育システムです。経済産業省が監修した「eラーニング白書 2007/2008年版」ではeラーニングを次のように定義しています。
eラーニングとは、情報技術によるコミュニケーション・ネットワーク等を活用した主体的な学習である。これは、集合教育を全部または一部を代替する場合、集合教育と組み合わせて利用する場合がある。
コンテンツは学習目的に従って作成・編集され、コンテンツ提供者と学習者、さらに学習者同士の間で、必要に応じてインタラクティブ性が確保されている。このインタラクティブ性とは、学習を効果的に進めていくために、人またはコンピュータから適切なインストラクションが提供されたり、双方向コミュニケーションが実施されたりすることを指す。

「eラーニング白書 2007/2008年版」より
(経済産業省商務情報政策局情報処理進行課編/東京電機大学発行) 

eラーニングには、オンライン学習だけで全ての授業を行うものや、一部分集合学習と組み合わせて実施するもの、インターネットライブ放送などを利用して遠隔授業を行うものなど、さまざまな形式があります。

明治大学のeラーニングを活用した授業では、ユニバーサルアクセスを目指して、「どこからでもいつでも学習できる」オンライン型の教材コンテンツを開発し、「コンテンツ提供者と学習者、さらに学習者同士の間で、必要に応じてインタラクティブ性を確保」できるように、学習者がインターネットを利用して教員や運営スタッフに質問し適切な助言を受けることができる仕組みと体制を用意しました。

明治大学のLMS(Learning Management Systemの略, eラーニングの学習を管理するシステム)を利用して課題提出や小テストを実施すると、その評価は成績として記録され、学習者に素早くフィードバックすることができます。また、学習者は、随時、自らの学習を振り返って確かめることができます。

eラーニングイラスト

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.