ユビキタス教育

サポート体制とスタッフの役割

明治大学では、本学におけるeラーニングを利用した教育の今後の展開を見据えて、学内への浸透を進めるべく、効果的なコンテンツ制作(教材作成)を行っています。さまざまな学習者に対してさまざまな学びの場を提供し、また、教育の改善・改革につなげられるように効果的な運営を目指しています。

そのひとつの柱が前述のインストラクショナルデザインに基づく授業設計であり、もうひとつの柱が万全な支援体制です。

教材作成時には、「リエゾン」が教員に対してワンストップのサービスを提供したように、授業の実施に際しては、「ラーニングコンシュルジュ」という専門スタッフを配置しています。

学習者からの質問はすべてラーニングコンシュルジュが受けて整理し、システムの操作や進捗に関する質問は直接回答し、学習内容に関する質問はチュータや担当教員に回答を依頼する、進捗が遅れている学習者のフォローをメンタに依頼するなど、ワンストップサービスの窓口となって、学習者へのきめ細かなサービスを提供し、負荷の増大を防止しています。

学生員の側からみたサポート体制

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.