Go Forward

マタノ ヒロシ MATANO  Hiroshi【詳細】
職格 特任教授
学位 理学博士
最終学歴 京都大学大学院
E-mail matano■meiji.ac.jp  (■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野) 非線形偏微分方程式,力学系
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  ○

研究テーマ

非線形拡散方程式の定性的理論,進行波,解の特異性

主な大学院担当科目

現象数理学発展研究Ⅰ~Ⅵ

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

非線形拡散方程式は,生物学的現象や物質の相転移など,自然界のさまざまな現象を記述する数理モデルとして広く使われています.この方程式の解の性質を,いろいろな角度から研究しています.純粋に数学的な側面からの研究と,生物学や物理学への応用を念頭においた研究の両方を手がけています.

主な著書・論文

「常微分方程式入門」(岩波・2003年), 「熱・波動と微分方程式」(共著,岩波・2007年) "Stability of front solutions of the bidomain equation", Comm. Pure Appl. Math. 69 (2016), pp.2364-2426.

明治大学大学院