Go Forward

卒業後の進路として考えられるもの

1.官公庁
  国家公務員(行政職・心理職など)
  家庭裁判所調査官(心理職)
  少年鑑別所・少年院(法務教官)
  刑務所
  地方公務員上級職(行政職・心理職・福祉職)
  警察職員(少年相談員等)
  公立の教育相談所カウンセラー*
  公立の福祉施設の相談員・指導員など

2.学校・教育機関
  教育免許を取得し、スクールサイコロジストとして、またはカウンセリングマインドをもった教師として活躍
  各都道府県に配属されつつある、スクールカウンセラー*など

3.一般企業
  企業の人事部門や営業部門・健康管理センターなどで、ソーシャルスキルを活かす産業カウンセラー(初級)の資格を取得し、より高度な人間関係の専門家として活躍
  銀行
  保険会社
  メーカー
  商社
  IT系
  出版・メディア等さまざまな領域の一般企業

4.民間施設・病院
  臨床心理士*・公認心理師・心理判定員・ソーシャルワーカーなどとして活躍

  *は、臨床心理学系の大学院修士課程を修了し、資格試験に合格することが求められる

5. 大学院進学
文学部