Go Forward

日本学生支援機構奨学金 緊急・応急採用

日本学生支援機構では,以下の事由で家計が急変した場合,4月定期募集以外でも,「緊急」もしくは「応急」の採用として,奨学生を採用します(要審査)。家計が急変した場合は,各キャンパスの奨学金係にお申し出ください。ただし,標準修業年限を超えて在学(留籍)している場合は,申し込むことはできません。

現在,日本学生支援機構奨学生は,奨学金係にご相談ください。

緊急,応急採用事由

本人及び配偶者(定職に限る)又は父母(本人の収入が父母からの給付による場合に限る)のうち,主たる家計支持者が失職,破産,会社の倒産,病気,死亡等又は火災,風水害によって,家計急変となった場合に,家計が急変した時から1年以内に申し込むことができます。

  • 緊急採用 第一種奨学金(無利子)
    貸与額,収入上限は第一種奨学金に準じます(以下関連リンク参照 ※)。貸与期間は,事由発生の月以降からその年度末までですが,標準修業年限以内で,3月満期時に状況が変わらない場合は,再審査後,さらに1年継続できる場合があります。
  • 応急採用 第二種奨学金(有利子)
    貸与額,収入上限は第二種奨学金に準じます(以下関連リンク参照 ※)。貸与期間は,事由発生年度の4月以降の希望月から標準修業年限までとなりますが,継続するためには第二種奨学生と同様に継続手続きをしなければなりません。

※関連リンク